WordPressプラグイン『Search Regex』の使い方を紹介!期限切れの広告やテーマ移行時に一括変換で便利!!

サイト運営歴が長くなると記事が溜まっていきますよね!

過去に使っていた言い回しやリンクなど、一気にリライトしたいなんて事もあるかと思います!!

そんな時に便利なプラグインが一括変換できる『Search Regex』

このプラグインがあればサイト内の記事や設定からも一括変換することができます。

アキ

わざわざ1記事ずつ変更しなくてもいいのでラク!

今回は「Search Regex」の使い方について詳しく紹介していきたいと思います!!

真似するだけで簡単に一括変換できるので、ぜひ使いこなしてみましょう!!

目次

Search Regexとは?

Search Regexは過去の記事などからサイト内を一括変換する事ができるプラグインです。

例を上げると言い回しなども変更できます。

「~だよね」→「~ですよね」と全記事を一括変換できます。

また、HTMLコードも変更できるため「期限切れの広告」「URL」などの一括変換もできます。

「サイト移転時」「テーマの変更時」にも使えるのでとても便利なプラグインです。

Search Regexの使い方

使い方もとても簡単です。

ここでは詳しい使い方を説明していきます。

プラグインから「Search Regex」を検索するかURLから飛んでインストール後に「有効化」しましょう。

ツールの中に項目が増えます。

こちらをクリックすると「Search Regex」のツール画面が表示されます。

サイト内の文言が一括変換されるので、不安がある場合はバックアップをとっておくと安心です。

関連記事ブログ運営で昔から人気で信頼のあるバックアッププラグイン「BackWPUp」の設定を紹介!初心者でも簡単にバックアップが作れます!!

使う項目は主に赤枠の2つのみです。

  • 検索:変更したい文字列
  • 置換:変更後の文字列

文字を入力したら「検索」をします。

アキ

他の項目で変更範囲を指定できますよ!

検索を実行すると下記画像のように変更箇所がハイライトされます。

今回は「AFFINGER5」「AFFINGER」に一括変更を検索しています。

変換箇所が多い場合は少し時間がかかったりします。

このように箇所を確認したあと左上の「すべて置換」をクリックすると変換します。

注意点

注意点としては2つあります。

  • 置換箇所の設定が難しい事がある
  • データベースの変更なのでリビジョン機能を使えない

置換箇所の選択を細かくできるフラグのプルダウンある「正規表現」はかなり設定が複雑なので、おすすめは文字列をできるだけ長く取ることです。

広告コードなどを変えるときは、「〇〇meta.」だけでなく「〇〇meta~」とほぼ丸ごと変えてしまうと指定しやすいです!!

また、「リビジョン機能」で復元できないので不安ならバックアップを取っておきましょう!!

まとめ

今回は便利に一括置換できるプラグイン「Search Regex」を紹介しました!!

記事が多くてそれでも仕様などで変更したい方やテーマ移行、ブログ移行などをした方にはめちゃくちゃオススメのプラグインです!!

デフォルトの設定は変更する必要はないので、是非機会があれば使ってみてください!!

以上っ!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次