SEO対策『被リンク』について!Googleサーチコンソールを使った被リンクの確認の仕方!!

サーチコンソール 被リンク

Googleでの検索表示上位を狙う為に『SEO』対策が必要だと聞いた事がある人は多いんじゃないでしょうか?

 

でも、初心者の方はもちろん上級者でもSEO対策はコレをすれば大丈夫!!!っていうのは分かりませんよね。

SEO対策に答えがないのは事実です。

それはGoogleのアップデートでも日々変わっていきますし、実際にGoogleで検索したのに「自分の考えていた検索結果が表示されない」なんて事はよくあります。

 

Googleのアルゴリズムは複雑で、対策をとってもいつ上がっていつ落ちるのかは正直誰にも分かりません。

知りたい情報が優先なのか、表示スピードが優先なのか、SEO対策と呼ばれるものは沢山存在しています。

今回はそんな中で「被リンク」というSEO対策について話していきたいと思います!!

被リンク

SEO対策として知られる一つの情報です。

実際に検索結果に関係があるのか?と言われると正直分かりません。

 

このようにSEOつまり検索結果に実際に影響を及ぼすのか?というのは殆どにおいて分かりません。

ただ海外のブログメディアや昔からブログやサイトを運営している方は口を揃えてSEO対策は必要だと言います。

 

僕の感想ではありますが、確かにSEO対策と言われている作業を情報通りに行うと少なからず効果があるようには思っています。

ですが情報は常に新しくなっていきます。

実際に絶大に効果があった時期もあるでしょうが、現在の環境で本当にそこが重要視されているのかは誰にもわかりません。

被リンクとは?

被リンクとは自身のページをリンクしてくれているブログやサイトのページの事です。

他の方からのリンクがあると、そのサイトを閲覧している人がより詳しい情報を求めて自身のサイトに来てくれます。

その行為が良質な記事と認められる行動となるので、自身の記事がGoogleに良質な記事として認識され上位に表示されることを言います。

 

また外部リンクとも言われます。

外部リンク(被リンク)は前途の通り他のサイトに繋ぎ検索ユーザーに情報を伝えますが、反対に内部リンクという言葉もあり内部リンクは自身のブログやサイト内を繋いでより詳しく検索ユーザーに情報を伝えるリンクの事を指しています。

被リンクがあると

前途したように他サイトやサービスから自身のブログページに閲覧しに来てくれます。

これにより単純にPV数が上がります。

 

他にはGoogleからの評価が上がり上位表示されたり、ドメインパワーが上がったりします。

アキ
まぁメリットが多いんだね

 

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは言葉の通り自身の独自ドメイン力の強さです。

このドメインパワーがあると全く同じレベルの記事を書いた時に、ドメインパワーの大きい方が色々優遇されるようです。

正直どのレベルまで優遇されるのかはわかっていませんし、検索結果で実際に僕がドメインパワーでは絶対に負けてるだろうなと思うブログに勝って一位表示されている記事もあります。

ドメインパワーは全てではないにせよ、高いに越した事はないという感じです。

 

ドメインパワーが上がる条件は様々あり、その中に被リンクというものが含まれています。

他にはサイトの中のページボリュームや運営期間だったりと結構不明確です。

中には中古ドメインを購入する上級者もいます。

 

計測には無料のツールとかもあったりしますが正直全く気にする必要はありません。

一応検索一位の計測サイトを貼っておきます。計測は無料でできます。

外部
ドメインパワーの計測・チェックを無料で - パワーランクチェックツール | アクセスSEO対策ツールズ
ドメインパワーの計測・チェックを無料で - パワーランクチェックツール | アクセスSEO対策ツールズ

続きを見る

上質な被リンクと低質な被リンク

被リンクには一応2種類あると言われています。

これは自身で被リンクを増やしてセルフで「ドメインパワー」を上げようと考えている一部の方がいるからですね。

 

実際に参考にされて被リンクになった記事は上質として認められますが、意図的に作ってしまうと低質な被リンクとして認識されてしまいます。

このようなリンクを増やしてしまうと、その記事は検索の圏外になってしまうペナルティーを受けることもあります。

アキ
ズルはダメって事だね。

被リンクをチェックする

被リンクをチェックする方法は様々ですが大きく分けて二つあります。

  • Google search console
  • 被リンクチェッカー

主にこの二つです。

今回はサーチコンソールでのチェックの方を重点的に解説していきます。

被リンクチェッカーは簡単に使えるので、簡単に説明します!

被リンクチェッカー

使い方はとても簡単でドメインを入力するだけです。

ツール自体は種類がかなり多く検索すると沢山出てきます。

 

また無料のものも沢山ありますが、おすすめは有料の「Ahrefs」です。

月額料金で8,000円ほどで使えます!

企業などでも使われているチェッカーで詳しく詳細が見れたり、自分だけではなく他人の被リンクを見る事ができます(無料の物でも他人の被リンクを見れます)。

公式
SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)
SEOの被リンク分析・競合調査ツール | Ahrefs(エイチレフス)

続きを見る

Googleサーチコンソール

おすすめなのはこちらのサーチコンソールから確認する方法です!

無料かつ簡単に確認する事ができます。

≪グーグルサーチコンソール

サーチコンソール画面の左バーの「リンク」をクリックすると「外部リンク」と表示されます。

この一覧が自身のサイトに被リンクをつけているページです。

サーチコンソール 被リンク

赤枠の中の「詳細」をクリックするとさらに詳しく詳細が表示されます。

一応モザイク入れていますが、僕のブログのトップページがかなり被リンクされていたのでこちらを見ていきましょう!!

サーチコンソール 被リンク

各ページごとに詳細を見れるようになっている為クリックする事ができます。

自身のブログでも試してみてください!

サーチコンソール 被リンク

このように単体で見ると被リンクしているサイトが掲載されます。

中には「Yahoo」だったり「ハテナ」だったりとまだ幅広いです!!

これをクリックしてさらに詳細に見る事ができます!

サーチコンソール 被リンク

さらに詳細に見るとリンクがあるページが一つずつ出てきます。

モザイクをかけていますが僕の場合は「Twitterのまとめ」に取り上げられてました。

 

ブログの記事を上げたときはなるべくTwitterに投稿するようにしてるので、取り上げられたみたいですね!!

このように別のの媒体に記事を流しておくだけでも、被リンクを得られる可能性は高いのです。

被リンクの増やし方

ここまでくると「被リンク」がどんな物なのか分かってもらえたと思います。

最後に被リンクの増やし方について解説します。

 

被リンクの増やし方については、検索やツイッターなどでも多く見ますが大前提として多くの人に見てもらう必要があります。

その中で参考にして貰うのは至難の技です。

そういった考えであれば『良質な記事を増やしていく』というのは間違いではありません。

それで得られる被リンクというのは本当に良質な被リンクなのだと思います。

 

ですがそれは最も難しい方法だと思います。

だからこそ貴重なのだという事です。

 

自主的に増やす場合は以下の方法を取るのが最も効果的です。

最も効果的な方法

SNSで拡散する

SNSやネットで知り合った方と相互リンクをする

企業に自身のサイトの営業にかける

最も多く見るのがSNSやネットで知り合った方々の相互リンクです。

これが良質なリンクなのかは分かりませんが、Twitterなどで企画などをして「記事の評価」や「ブログのデザイン評価」などの記事を書いてお互いに送り合っているのを見ます!!

 

個人的にはSNS拡散はやった方が良いと思います。

またTwitter以外にも「ピンタレスト」や「はてブ」などをしっかり活用するのが大切だと思います。

まとめ

今回は「被リンク」のチェックの仕方とSEO対策の一つドメインパワーについて解説しました。

 

個人的にはこれらは不鮮明ではあるものの、ある程度意識しといた方がいいでしょう!

ドメインパワーを上げるには「記事数」と「被リンク数」が必要だと思っています。

実際にはこれらが無くても上位表示はできると思いますが、やはりあるに越した事はないです。

 

とにかく今すぐやれる事はやってみましょう!!!

以上っ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Google
-,

© 2020 日曜日のOneRoom