【2020年】おすすめの面白い春アニメ50作品まとめ【おもしろい】

2020年4月29日

37. 食戟のソーマ 豪ノ皿

実家の定食屋「食事処ゆきひら」で料理の腕を磨いていた幸平創真は、父親の勧めで超エリート料理学校「遠月茶寮料理學園」に入学。

ライバルとの食戟、仲間との研鑽を重ね、料理人として徐々に成長を続けていた。

時が経ち、2年生に進級した創真はついに学園の頂点、遠月十傑評議会“第一席”の座へと、のぼりつめたのだった――。

そんな中、世界的な料理コンクール「THE BLUE」の招待状が遠月学園へと届く。

THE BLUE」とは、若手料理人たちが名声を懸け競う正統派な美食大会――

しかし、今回は従来とは趣向が異なり、常軌を逸したお題ばかり!?

新たなライバルが現れ、波乱の予感が漂う「THE BLUE」の行方は……!?

次代の料理界の担い手を決める食戟が、幕を開ける!

食戟のソーマ」は附田祐斗さんが原作、佐伯俊さんが作画を手がけ、森崎友紀さんが料理監修を担当したグルメマンガで「2012年11月~19年6月」に「週刊少年ジャンプ」で連載。

名門料理学校・遠月学園を舞台に、下町の定食屋の息子・幸平創真が独創的な料理で、ライバルと料理対決を繰り広げる姿が描かれた。

テレビアニメ第1期が2015年4~9月、第2期が2016年7~9月、第3期が2017年10~12月と2018年4~6月に放送された。

38. 文豪とアルケミスト〜審判ノ歯車〜

文豪により綴られてきた数多の本。

独創的な世界観や感情揺さぶる物語が記されたそれは文学として人々の心を彩り、世界を豊かにしてきた。

しかし、そんな本を黒く染める異形のモノ達が現れる。

それは、文学に対する負の感情から生まれた“侵蝕者”と呼ばれる存在だった。

本を侵し、この世界から消し去ることを目的とする侵蝕者に対抗できるのは“アルケミスト”の力で転生を果たした文豪達のみ。

文豪は侵蝕された本に潜り、侵蝕者を討ち果たすことで本を救う。

全てはこの世界の文学を守るため。

これは、魂を込めて作品を創ってきた者達が綴る、新たなる文豪譚

39. 無限の住人-IMMORTAL-

武士というものがまだ存在していた江戸の世──。

百人斬りと呼ばれた【不死身】の男がいた。

その男の名は「万次」。

万次は、父母を殺され復讐を誓う少女「」と出会う。

凜は万次に、復讐の旅の用心棒になってくれないかと言う。

初めは断る万次だが、凜に亡くした妹の面影を見た。

一人では危うい凜の姿に、仕方なく手を貸すことに決める。

しかし凜の仇は、剣の道を極めんとする集団──逸刀流。

それは、不死身の万次すら追いつめる凄絶な死闘の始まりを意味していた。

40. 遊☆戯☆王SEVENS

ーハ第7小学校に通う王道遊我は、自分の発明を「ロード」と呼び日々いろんなロードを開発する小学5年生。

大人たちが管理するデュエルをキュークツだと感じていた遊我は誰もが楽しめる新しいルールを完成させていた。

そんなある日、隣のクラスのルークが「デュエルの王」の噂を伝える。

興味津々の遊我とルークがたどり着いた先に待っていたのは、いかにも意味ありげな石碑(せきひ)の前に現れた謎の人物……

そしてデュエルの王として認められるためには、限られた時間内にデュエルで勝利しなくてはならない!

「僕の考えたロード“ラッシュデュエル”ならできる!」

遊我とルーク……

2人の少年が新たなデュエルでキュークツな世界を変える物語が始まる!!

41. もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ

この作品の主人公であるゾロリはもともと『ほうれんそうマン』シリーズに出ていた悪役であったが、1987年の『ほうれんそうマン』シリーズ終了に伴い、著書・みづしま志穂の了承の元、原ゆたかによるスピンオフ作品『かいけつゾロリ』として単独シリーズ化するにあたった

NHK Eテレ 2020年4月5日(日)夜7時から放送開始!

42. トミカ絆合体 アースグランナー

地球の自転エネルギーから放たれるアースエナジーを狙って、宇宙から謎の敵ダークスピナーが現れた!

彼らの野望を食い止めるべく立ち向かうのが、双子の兄弟――ライガとクウガ、そして地球防衛隊『アースグランナー』

――果たして彼らは地球を守ることができるのか!?

ゆけ!少年たちよ! ゆけ! アースグランナー!

43. ぽっこりーず

まあるい地球の海の上、はるか遠くのどこかにある、ぽっこり島。

そこには伝説のやかんの注ぎ口から、どぅるんと生まれてくる生き物が暮らす村がありました。

ぽっこりおなかをゆらして食事や音楽を楽しむ謎の生き物たち、それが「ぽっこりーず」なのです。

44. ギャルと恐竜

ギャルと恐竜」は「森もり子」原作「トミムラコタ」作画による日本の漫画作品。

講談社の漫画投稿サイト「DAYS NEO」にて2018年4月20日に投稿された後に同社の『週刊ヤングマガジン』にて同年10月15日発売の46号より連載開始

本作の主人公でギャルの楓と彼女が酔った勢いで部屋に入れてしまった恐竜との同居生活が描かれる

45. 困ったじいさん

古代ギリシャの青年デメトリオスは、絵や自然を愛する、心優しい壺絵師見習い。

そして“ムダに”高い運動能力を持つ。

そんな彼は、思い悩んだときに甕(カメ)に入ると、遥かな時を超え、東京へタイムスリップしてしまうのだった!

漂着した東京から、様々な知恵や習慣を持ち帰り、危機を乗り越えるデメトリオス!

時空を超えた奇跡の喜劇が、ここに開幕――!!

コレは言わせて!!テルマエロマエ好きな人は見た方が良い!!!

47. ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 2nd Season

激戦の果てに静止衛星から放たれたひとすじの光は、ヒロト達が戦い続けてきた「惑星エルドラ」がネットワークゲーム「ガンプラバトル・ネクサスオンライン(GBN)」の世界ではなく、現実(リアル)の世界である可能性を突き付けるものであった。

その状況に一度は足を止めてしまうビルドダイバーズ。

しかし、共にヒトツメと戦ってきたフレディ達エルドラの民との絆が、ヒロト、カザミ、メイ、パルヴィーズを再び結集させる。

未だエルドラに意識を囚われたままのダイバー、シドー・マサキの行方。

そしてヒトツメを率いる謎の存在、アルスの正体。

なによりも、かけがえのない仲間であるフレディ達を救うため……そう、エルドラにはクリアするべき“ミッション”がまだ残されている。

新たにビルドした力(ガンプラ)を手に、もうひとつのビルドダイバーズの真の戦いは、ここから始まる。

 

48. ノー・ガンズ・ライフ 2期

ベリューレン社により戦時中開発された新技術「身体機能拡張技術」。

その技術により身体の一部、もしくは全部を機械化された者は、拡張者(エクステンド)と呼ばれていた。

拡張者と生身の人間の非拡張者が混在する社会では常にいざこざが絶えず、それらの問題を解決する「処理屋」を、乾十三(いぬいじゅうぞう)は生業としていた。

そして、十三自身も、頭部が巨大な銃の「拡張者」だった。

ある日、十三は、全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。

その少年の名は荒吐鉄朗(あらはばきてつろう)。

ベリューレン社から誘拐された少年だった。

だが、十三は依頼を受けたもののベリューレン社からの追手に、鉄朗を奪われてしまう。

十三はなりゆきで街を牛耳るベリューレン社と事を構えることになるのだが…

鉄朗を誘拐した全身拡張者の男は何者なのか?

ベリューレン社と鉄朗の関係は?

個人的にめちゃくちゃ気になります。絶対面白い

49. 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

謎の敵『ドバズダー』と戦うワタルたち。

悪の瘴気に捕らえられた龍神丸は、ワタルを助けるためにその身を犠牲にした。

龍神丸を失って絶望する中、気を失ってしまうワタル。

夢の中でワタルは、龍神丸の声を聞くと共に、逆さまになった創界山の姿を見る。

50. ざしきわらしのタタミちゃん

かわいい!だけど毒舌!!!

令和新時代の、クセカワニューヒロイン“タタミちゃん”が大都会・東京に住まう幽霊や妖怪、そして人間たちをバッサバッサと切り捨てる……!

“押切節”全開の、痛快ホラーギャグコメディ、ここに開幕!!幸せを呼ぶキュートな妖怪・ざしきわらしのタタミちゃんが東京に憧れ、遠く岩手の遠野より上京。

大都会に住む魑魅魍魎たち(幽霊や妖怪、人間)と生活していくお話です。

様々な出会いを通じ、ときにほっこり、ときに風刺の効いたストーリーでタタミちゃんの成長を描いていきます。

次のページへ >

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!

-アニメ
-, ,