【Apex Legends】ALGS北米大会で試合中にチートを付与された事件についてまとめてみた。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

Apex Legendsの公式が主催する世界大会「ALGS」で試合中に出場選手のPCにハッキングし、チートを付与するという事件がありました。

この事件のあと運営元であるEAは脆弱性に対処する為に新しいアップデートを実施しています。

実際にハッキングされたプレイヤー有名なストリーマーでもある「Genburten選手」と「Imperial Hal選手」でした。

ハッキングしたハッカーは「Destroyer2009」という人物で、公式大会のマッチ中にチートを付与をしたようです。

こんな方におすすめ!

  • 大会のチート付与事件はどうなった?
  • どんなチートが付与されたの?
  • チート付与の目的は?

今回は前代未聞の事件であるALGSで試合中に選手がチート付与された件について調べていきたいと思います。

目次

チートを付与した人物

チートを付与した人物は「Destroyer2009」と名乗るハッカーで、彼はTechCrunchで今回の件についてインタビューに応じています。

実際にハッキングしたことを認めていて、ハッキングした理由は「ただの楽しみのため」と語っており目的はApex Legendsの開発者に自分が悪用した脆弱性を修正させる事が目的だったと話しています。

この事件により賞金総額500万ドルのALGS(Apex Legends Global Series)はイベントを延期せざるを得なくなりました。

ハッキングした方法

「Destroyer2009」は、ゲーム中にどうやってハッキングしたのか?具体的にどのような脆弱性を悪用したのか?等の詳細を明らかにすることを拒否しています。

本人からは”I really don’t want to go into the details until everything is fully patched and everything goes back to normal,(すべてが完全に修正され、すべてが正常に戻るまで、詳細を話すつもりはありません)”と語っているようです。

Destroyer2009が使用したハッキングに関して今回唯一話した事は、脆弱性は「サーバーとは何の関係もなく、Apex プロセス以外の部分には触れていない」という事と、2人のプレイヤーのPCを直接ハッキングしていないという事だった。

チート付与について

チートを付与された際に “Apex hacking global series, by Destroyer2009 &R4andom,”とわざわざメッセージを表示しています。

日本語では「Apex ハッキング グローバル シリーズ、Destroyer2009 と R4andom 作」と書かれており、自分の自己紹介のように語っていました。

また、今回チート付与されたのは冒頭でも紹介した「Genburten」と「Imperial Hal」の二人でApex Legendsでは有名なプロ選手です。

Genburtenチート付与

「Genburten」はマッチ中にいきなり“Apex hacking global series, by Destroyer2009 &R4andom,”とテキストが勝手に入力され、ウォールハックが付与されました。

チート付与されてからは、早急にマッチから退出しています。

Imperial Halチート付与

「Imperial Hal」はDarkZeroのあとのマッチで付与されています。

橋の上の敵を撃つとレティクルとは全く違うところに弾が発射し、橋の根本の敵を射撃しています。

この時にオートエイムが付与されていることが分かり、地面を射撃しても敵に向かって弾が飛ぶようになっていました。

この後に、Imperial Halは何度か地面に射撃をして、エイムボットが付与されているかを調べながら戦闘を続けていましたが、試合は運営によって中断されました。

その後の配信でImperial Halは「ここで抜けても味方がデュオになって負けるだけだった。エイムボットだと主張したまま試合に残っていれば、試合はリマッチされるだろうと思った」と語っており、すぐに抜けず、続行した理由を話しています。

Imperial HalがBANされる

ALGS後のランクマッチにてImperial Hal氏はBANされました。

このBANは自動検知のBANだと言われており、大会でのチート付与によってボットに引っかかってしまったのではないかと思われます。

現在では別アカウントで復帰しており、Twitchにて配信しています。

乗っ取られたアカウントのその後はこちら!

参考動画BANされたハルのアカウントで現れ、再び理解できない技術力を見せつけるDestroyer2009

一般プレイヤーも危険?

事件が起きた後に一定の期間「APEXをプレイしないほうがいい」と一部で言われていましたが、ハッキングした本人であるDestroyer2009氏からは以下のように話しています。

Despite the attention that his hacks caused, Destroyer2009 said that “players shouldn’t worry about it” because he doubts others will figure out what vulnerability he used, and how to exploit it, before it gets patched.

Destroyer2009氏より

他のプレイヤーが自身が悪用した脆弱性を突き止めることはないため「一般のプレイヤーは心配する必要はない」とコメントしています。

Easy Anti-Cheatが原因?

今回のハッキングで脆弱性の原因はEasy Anti-Cheatなのでは?との声もありました。

この件についてEasy Anti-Cheat側ではX(旧Twitter)で声明を出しています。

「Easy Anti-Cheatにおけるリモートコード実行(RCE)問題に関する最近の報告を調査しました。現時点ではEasy Anti-Cheatに起因するRCE脆弱性が悪用されていないと確信しています」とTwitterに投稿し、今回の騒動の原因ではないと明言しています。

ALGSはオフライン&無配信

延期されていたALGS北米大会決勝戦はオフライン&無配信で幕を閉じました。

試合の結果は以下で、ランキング上位12チームが今後ロサンゼルスでオフライン開催されるALGS Sprit1プレーオフに参加する事となります。

  • DarkZero
  • Moist Esports
  • TSM
  • Legacy (旧Luminosity Gaming)
  • Disguized
  • Elev8Gaming
  • Spacestation Gaming
  • Luminosity Gaming
  • Complexity
  • Furia
  • Cloud9
  • Oxygen Esports

また、今回の無配信試合は録画されており、大会公式のメイン配信チャンネルで放送されます。

まとめ

今回はApex Legendsの公式大会で発生した前代未聞の事件であるチート付与について調べてみました。

Apex LegendsはFPSゲーム初心者でも入りやすいゲームバランスや世界観になっており、アングラなFPSを誰でも楽しめるゲームなので世界中で人気があります。

ゲームが登場して時間が経ちますが、チート対策に関しては後から出てきたゲームに追い抜かれていることもしばしばです。

チートに対してどれだけ完璧に対策してもイタチごっこになってしまうのは、仕方ないのかもしれませんが、少しでもチートに対して対策をしていって欲しいですね。

以上っ!!

Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

参考文献

本記事で使用した情報の参照元リスト

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次