使わなくなったルーターを売る前の注意点は?売却前に忘れず初期化しよう!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

光回線を契約の際などにルーターを貰えることがあります。

今まで使っていたルーターを使ってもいいですが、せっかくなら新しいモノを使いたいですよね。

使わなくなったルーターはフリマサイトなどで売却している方も多いと思います。

今回は、使わなくなったルーターを売却の際の注意点を紹介していきたいと思います!!

目次

使わなくなったルーターを売る前に?

ルーターにはWi-Fi機能やインターネットに繋げるハブの機能がついています。

そのようなルーターには個人情報が反映されている場合がありますので、初期化が必要になります。

IDやパスワードなどの重要な設定がある場合もあるので忘れずに初期化しましょう。

ルーターの初期化方法

ルーターの初期化方法はメーカーによって違います。

基本的に初期化すると工場出荷時の状態に戻ることになります。

ほとんどのメーカーは「リセットボタンを押す」「管理設定画面から初期化」のどちらかの方法で初期化することができます。

各メーカーの初期化方法は以下から確認してみて下さい。

メーカー別ルーター初期化

ルーターを初期化してみる

筆者の使っていたルーターを初期化してみたいと思います。

こちらのルーターは簡単に初期化することができました。

同じルーターをお持ちの方はこちらのサイトから初期化を確認することができます。

背面の「RESET」を押すだけで初期化することができます。

こちらを長押しして、ランプが下記画像のように赤くなれば成功です。

この後、電源を抜き差しすると工場出荷状態になり、再度設定することができます。

まとめ

ルーターを手放す際もスマートフォンなどの機器と同様に初期化をしっかり実行してから手放して下さい。

接続情報などが登録されていたり、思わぬトラブルを防ぐために参考にしてみて下さい。

以上っ!!!

メーカー別ルーター初期化
Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次