エンターテインメント ゲーム

【microSD】Nintendo SwitchにおすすめのマイクロSDカードはコレ!!【おすすめ】

2020年3月18日

スポンサーリンク

皆さんどうもこんにちは!

今回はNintendo Switch(以下スイッチ)におすすめのmicroSDカードについて話したいと思います!

スイッチに欠かせない周辺アイテムの一つが「microSDカード」です。

ダウンロードで購入したゲームやセーブデータなど、多くのデータを保存する方には必須のアイテムです。

microSDには、さまざまなメーカーや容量があり、普段からこういったものに触っていないと何を選んだらいいのか分からなくなりますよね。

microSDはアンドロイドスマホや昔のガラケーでも使われています。

今回はスイッチに利用する事を前提に基礎や選び方を踏まえた上で、おすすめのmicroSDをご紹介していきます。

ニンテンドースイッチでのmicroSDの用途

スイッチでは、ニンテンドーeショップ等で、ダウンロード購入したゲームソフトのシステムデータやゲーム中に画面を撮影したスクリーンショット画像などが反対に保存されます。

スイッチには本体容量として、32GBの容量があります。一部はシステム領域で使用されていて、実質は30GB程になります。

この中にセーブデータやスクリーンショットデータなども含めると容量はどんどん使用されていきます。

そんな時に容量の拡張を行うのがmicroSDの役目になります。

昔のゲームはソフトを抜きさして、遊ぶのが主流でした。現在でもソフトの事をパッケージ版と呼び、抜き差しで遊ぶことができます。

最近のゲームだと、グラフィックが進化してきていたり、アクション要素の多いものが増えたので、それだけ容量も必要になってきます。

パッケージ版と呼ばれるソフトのカートリッジは最大容量が16GBになり、それを超えるデータはスイッチの中に記録されるようになっています。

また、パッケージ版と違いダウンロード版というものが存在します。ダウンロード版はソフトを丸々スイッチに記録することによってカートリッジを持ち運ばなくても様々なゲームを遊ぶことができ、とても便利です。

ですが、ダウンロード版はパッケージ版以上に容量が必要になります。

ゼルダの伝説 BREATH OF THE WILD

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

キャラクターやグラフィックが向上するにつれて、容量は上がっていきます。このソフトをスイッチの容量だけで遊ぶ場合は、実質この2本しかゲームができません。

先に書いておきますが、パッケージ版を購入して遊ぶ場合は、カートリッジの16GBから漏れてしまった容量のみスイッチに保存されるのでこのような事はありません。

ダウンロード版で遊ぶ場合は容量に注意しなければなりません。

microSDの種類と選び方

4~32GBの中容量モデル「microSDHCカード」

microSDHCカード」は、microSDカードの次に登場したmicroSDの上位規格。「HC」はHigh Capacity(大容量)の略で、最小4GBから最大32GBまでの保存容量があります。

32GB~2TBの大容量モデル「microSDXCカード」

microSDXCカード」は、microSDHCカードの後に登場したmicroSDHCの上位規格。「XC」はExtended Capacity(超大容量)の略で、最小64GBから最大2TBまでの保存容量があります。

大容量のmicroSDは、本体購入直後は使用できません。スイッチをインターネットに接続して本体内のシステムファームウェアを更新すれば、使用できるようになります。

選び方

パッケージソフトで遊ぶ方は「32GB以下」でもOK

普段パッケージ版のゲームソフトを購入している方は、32GB以下のmicroSDでも容量が足りる場合がほとんどです。

パッケージソフトで遊ぶ場合は、microSDはプレイ中のスクリーンショット画像を保存したり、ゲームの追加DLCなどに使用します。

32GBもあれば画像もかなり保存できますし、容量が足りなくなる事はないでしょう!

ダウンロードソフトで遊びたい方は「128GB以上」がおすすめ

  • 無料体験版ソフトのダウンロードする方
  • パッケージ版がない無料ソフト(フォートナイト等)を遊ぶ方
  • 発売日すぐに新作をプレイしたい方
  • ダウンロード版でソフトを入れ替えないで遊ぶ方

上記のようなプレイをしたい方は、128GB以上のmicroSDをおすすめします。パッケージソフトも遊ぶけどダウンロードもしたいという方もこちらがおすすめです。

容量が多いのでDLCや無料ゲームも含めてメーカーが提供するゲームのコンテンツを余すことなく満喫できます。

大体一つのソフトにつき10GBを使っているという目安で考えれば、128GBで12本、256GBで25本のゲームがスイッチに保存でき、カートリッジの交換なく遊ぶことができます。

おすすめのmicroSD

サムスンのmicroSDカードです。任天堂ショップでも売られているので、一番おすすめはこちらです。公式にスイッチでの使用を推奨されていて、容量も選べるので一番おすすめします。

 

TOSHIBAのmicroSDカードです。画像リンクは海外向けのものですが、日本の企業の物なので、安心して使えると思います。

公式のポケットモンスターとのコラボです。こういった物も可愛いですよね!

まとめ

今回はニンテンドースイッチに使えるmicroSDカードについて話してみました。

スイッチ本体だけでゲームができるのは凄く便利です。

容量は必要になりますが、microSDの値段も安くなってきてはいますので、ダウンロード版ソフトや無料ソフトで遊ぶ場合は是非検討してみて下さい。

また、パッケージ版も容量は掛からないし、ゲーム遊び終わったら売ることが出来るのでパッケージ派もいいと思いますよ!!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

-エンターテインメント, ゲーム
-,

Copyright© 幸福な人生とはなんだろう。 , 2020 All Rights Reserved.