CURBXから硬さの異なる6種類のエイムリングが入った『サンプルセット』が登場!おすすめの硬さも紹介!!

CURBX サンプルセット エイムリング

人気のFPSゲームで必須の「エイム」ですが、人によっては上手い下手の差が結構でます!!

エイム自体はゲームをやり込めば上達していきますが、FPSは勝てなければ面白くありません。

FPSは勝ちながら上達しいていくのが一番です!!

エイムリングについての記事はこちら!!

周辺機器でエイム力を上げて勝って上達するのが正解です!

今回は僕自身がGAIMX社の『CURBX』という製品の硬さの違う5種類がセットのサンプルセットというのが出ているので購入してみたのでレビューしてみようと思います!!

目次

CURBXとは?

GAIMX社の作っているエイムリング製品です!!

CURBXシリーズはコントローラーのスティック部分に取り付けてスティック自体の傾きを調節できます!

これによってエイム精度が向上する仕組みになっています。

GAIMX社はドイツのメーカーで日本ではしまリス堂さんが代理店をしています。

今回はこちらの商品を購入しました!!

硬さは全部で6種類で『80』『100』『130』『160』『200』『230』になります!!

ラインナップが豊富で硬さを選べるので、初めてエイムリングを買う方にはとてもオススメです!!

エイムリングはFPSやTPSプレイヤーの間では利用者はかなり多く人気の「Apex Legends」でも使いやすいです!!

現在ではAmazonでベストセラーになっているほど人気の商品です。

CURBX サンプルセット レビュー

CURBXは基本的に硬さを選んでパッケージの中には4つ同じ硬さのものが入っています。

今回はCURBXの全ての種類が1つずつ入っているセットになります!!

外観から!!

開封していきます。

こんな感じで入ってます!!

記載は英語ですが、左側に硬さが書いてあります。

このように色分けされています!

実際に見てみるとわかりやすいです!!

このようにグレーでも若干色が違います!!!

CURBXを取り付けてみる

実際に取り付けてみたいと思います!!

今回はCURBX100をつけていきます。

今回はPS4デュアルショックに取り付けます!!

※XboxやSwitchのプロコンにも取り付ける事ができます。

取り付けるとこんな感じで装着できます!!

傾けてみます。

結構傾きづらいですね。

これでより精密なエイムができるようになります。

硬さ自体は上の種類の中で自分に最適なものを選ぶ事ができます!

最適な硬さは?(フォートナイト、エーペックス)

一通り全部の硬さを試してみました!!

遊んでみたゲームはFort niteとApex Legendsです!!

因みに使い方としてはエイム時の感度を最大にします。

そしてエイムリングを付けるようにしましょう!!

おそらく最適なものは人によって違うので参考程度に僕の使いやすかったものを挙げていきます。

フォートナイト

フォートナイトはTPSゲームです!

より広範囲が見えるこのシステムですが、僕がプレイした感じは結構やわらかめがいいなと感じました。

オススメなのはCURBX80CURBX100で柔らかめのエイムリングです。

CURBX100の方が結構おすすめです!!

Apex Legends

エーペックスでは視点がFPSです。

こちらはフォートナイトと違い少し硬めの方がいいかな!と感じました。

僕がオススメする硬さはCURBX130CURBX160です。

最もおすすめするのはCURBX130ですね!!

どちらもPS4デュアルショックで感度MAXで試しています!

基本的にはCURBX100CURBX130を使ってみてより硬いか柔いかを考えてみるのがいいと思いますよ!!

因みにCURBX230はかなり硬いです。

まとめ

今回はエイムリングを実際に買ってみて試してみたのでレビューしてみました!!

実際にエイム力は上がってしっかりヒットするようになりますよ!!

エイムが楽しくなります!

アキ

エーペックス楽しい!!

以上っ!!

Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

CURBX サンプルセット エイムリング

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次