【AGA】フィンペシアから完全にフィナロイドに変えた理由について話そうか【フィナステリド】

2020年1月22日

AGA

今回は定期的に開催されている、AGAについてまた話してみようと思います。

毎回なくならない「AGA薄毛問題」。

男性の方で困っている方はたくさんいると思います。

そんな中で少しでも参考になれたらなと思っています。

AGAの方が最初にやる事

【効果】AGAの治療を考えた時に最初にする事のまとめ!!病院へ行って治療すれば治るの?おすすめを紹介!!【クリニック】

続きを見る

AGA対ボクのこれまで

薬を飲み始めてから5年ほど経ちました。

最初は皮膚科に掛かり高額ですが正規品のプロペシアを購入していました。

薬を飲み始めて最初の3ヶ月は地元の皮膚科の病院で購入していました。同時にドラッグストアで薬剤師の方がいる時に買えるリアップを使っていました。

最初はそんな感じで始めて3ヶ月後にはAGAの専門の医院に行くことになります。

そこでプロペシアと同成分のフィナステリドを買い、ミノタブにも挑戦していく事になります。

その後AGA治療を始めてから半年が経ち効果を実感しますが、高額の料金のせいで一旦辞めてしまいます。

でもそうすると、みるみる髪は抜けていくんですよね。

後にオオサカ堂での個人輸入が始まります。

詳しくは継続していく時に考えた事を書きました。

【価格】AGA治療を継続していくのにおすすめな個人輸入代行業者を紹介!料金や安心面も考慮してみた!!【ジェネリック】

続きを見る

オオサカ堂では最初の購入品はプロペシアのコピー品であるフィンペシアでした。

フィンペシア

こちらの商品の100錠を購入し1箱で3ヶ月間という感じで飲んでました。

フィンペシアはフィナステリド配合のプロペシアのコピー品です。

効果はしっかりありしばらくこちらの薬にお世話になりました!

フィンペシアからフィナロイドに変えた理由

フィナロイド

ミノキシジルタブレット

フォリックスFR15

現在僕が使っているのは上記の薬です。

今回はフィンペシアから何故フィナロイドに変えたのか? という話になります。

そもそもフィンペシアはダメなのか?

だとしても何故フィナロイドなの?

結論から言うと本当はどっちでもいいと思います。

作用する効果自体は一緒です。

フィンペシアには実績があり値段も少しフィナロイドの方が安いだけで僅差でしかありません。

ポイント

フィンペシアとフィナロイドの大きな違いは効果や値段ではありません。

フィンペシアはコピー品と言う所です。

もともとはプロペシアというフィナステリドの配合された薬が始まりでした。

プロペシア

フィナステリドにはAGAに効果がある成分です。

そしてこれを病院で購入するには1ヶ月で15,000円ほど費用が掛かります。この頃は特許がありジェネリック薬品を販売することができませんでした。

AGAの薬であるプロペシアを手に入れるには正規に金額を支払うしかなかったんです。

そんな時にフィンペシアが登場しました。

フィンペシア

フィンペシアは特許の切れていない状態でインドの大手の製薬会社からコピー品として販売されました。

それって大丈夫なの?

って思うと思いますが、国によって様々な条件があったりします。

ポイント

ジェネリックは成分表を公開しそれを元に作られていますが、コピー品はその薬を分析されて作られています。

初期では発癌作用の含まれているキノリンイエローが入っていましたが、一度問題になり現在では使用されていません。

フィンペシアはプロペシアに比べて3ヶ月で3,000円程度の金額で済みます。

コストは断然フィンペシアの方がいいです。

そしてこれがフィンペシアが最も売れた理由です。

ですが特許も切れてない状態でコピー品として出回っていたフィンペシア。

今でこそプロペシアのジェネリックは日本でも購入できるようになりました。

フィナロイド

フィンペシアとの違いは正規にジェネリック品として作られている所です。

本家の成分表をもとにしっかり作られたものなんです。

フィナロイドを購入した方はわかると思いますが、錠剤を実際に見てプロペシアと大きさ違くね?

って思った方いると思います。

ポイント

これには訳がありジェネリック薬品に関しては錠剤の大きさに変更があっても大丈夫なんです。

そういう決まりがあります。

日本で実際に販売されているジェネリックをみても

コストを抑えたり、飲み易くしたりする工夫がジェネリックにはあります。

コピー品であるフィンペシアは、本来ならばプロペシアと同じ錠剤の大きさでないといけないのですが、作り方がジェネリック薬品と一緒でインドの会社がプロペシアを購入し調べ上げてそこから作られたものです。

ジェネリックのようにだいたいこの成分でしょ?

っていうのと、コストを本来のプロペシアよりも安くする為に考えられています。

ですがフィンペシア自体に効果はありますしこれまでにも様々な方が使ってきています。

効果は出ますし、しっかりコピーできているのも素晴らしいです。

ですが、ジェネリックが出回ってきてる今フィンペシアを選ぶ理由がありません。

より安全で安心できて、なおかつ安い品物の方がいいに決まっています。

そういった理由では、日本で発売されているジェネリックを買うのが一番賢明ですし、AGAクリニック等でも現在はジェネリックを希望する事はできます。

オオサカ堂を使う場合はフィンペシアよりもフィナロイドをおすすめしています。

まとめ

  • フィナロイドはジェネリック製品
  • フィンペシアはコピー製品

ポイント

効果は同じで値段もほぼ同じですがコピー品として作られているフィンペシアをジェネリック薬品が解禁された今は選ぶ理由はないと思います。

またオオサカ堂ではフィナロイドと一緒にフォリックスを販売しています。

フォリックスは塗るタイプのミノキシジルです。

簡単にいうとリアップのようなものです。

ミノキシジルが多く配合されていて飲むタイプのミノタブと併用するのがGOODです!!

内服薬のミノタブではミノキシジル成分を吸収しやすい事からパーセントが高いと動機などの副作用の症状強くでます。

なので高ミノキシジルは外用薬で使うのがお勧めです。

フォリックスシリーズは高濃度ミノキシジルを配合しています。

またフォリックスは使用後に髪の毛がバキバキになったりします。

これはリアップも同じでしたが。。。

おすすめの利用方法は「夜寝る前にフォリックス」で「朝起きた時にミノタブ」を使用するって感じにすると良いですよ!

以上がフィンペシアではなくフィナロイドをお勧めする理由でした。

フィナロイドでも効果が出ない!と言う方はこちら

【効果】フィナステリドが効かない人はデュタステリドを試してみた方がいい理由【違い】

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ライフスタイル
-, ,

© 2020 日曜日のOneRoom