ライフスタイル AGA

【AGA】フィンペシアから完全にフィナロイドに変えた理由について話そうか【フィナステリド】

2020年1月22日

スポンサーリンク

こんにちは、秋です。

今回は定期的に開催されている、AGAについてまた話してみようと思います。
以下前記事のリンク↓

毎回やはりなくならないのが、薄毛問題
男性の方で困っている方はたくさんいると思います。
そんな中で、少しでも参考になれたらなと思っています。

僕自身のこれまで

まず最初に、僕自身遺伝的なAGAです。

薬を飲み始めてから5年ほど経ちました。

最初は皮膚科に掛かり高額ですが、プロペシアを購入していました。
薬を飲み始めて3ヶ月は地元の皮膚科の病院で購入していました。

また同時にドラッグストアで薬剤師の方がいる時に買えるリアップを使っていました。

最初はそんな感じで始めて3ヶ月後にはAGAの専門の医院に行くことになります。

そこでもプロペシアと同成分のフィナステリドを買い、ミノタブなるものにも挑戦していく事になります。

その後始めてから半年が経ち効果を実感すると高額の料金のせいで一旦辞めてしまいます。

でもそうすると、みるみる髪は抜けていくんですよね。

その後にオオサカ堂での個人輸入が始まります。

簡易的に書くとこんな感じです。
またオオサカ堂でも最初の購入品はプロペシアのコピー品であるフィンペシアでした。

フィンペシア

こちらの商品の100錠を購入し、1箱で3ヶ月間という感じで飲んでました。
その後にミノタブやデュタステリドに出会ったりもします。
こちらの記事にまとめてあるので、どのように移り変わったかご覧ください!

フィンペシアからフィナロイドに変えた理由

現在僕が使っている薬は

フィナロイド

ミノキシジルタブレット

フォリックスFR15

の上記セットです。

そして今回のメインであるフィンペシアから何故フィナロイドに変えたのか?
という話になります。

そもそもフィンペシアはダメなのか?だとしても何故フィナロイドなの?
結論から言うと本当はどっちでもいいと思います。

効果自体は一緒です。
値段も少しフィナロイドの方が安く、僅差でしかありません。

フィンペシアとフィナロイドのここが違う!と言うところがあるとすると、フィンペシアはコピー品なんです。

もともとはプロペシアというフィナステリドの配合された薬が始まりでした。

プロペシア

そしてこれを病院などで購入するには、1ヶ月で15,000円ほど掛かりました。
その頃は特許があり、ジェネリックの販売もありませんでした。

手に入れるには正規に金額を支払うしかなかったんです。

そんな時にフィンペシアは現れました。

フィンペシア

最初は発癌作用の含まれているキノリンイエローが入っていましたが、現在では使用せれておらず、堂々の人気を誇っています。

フィンペシアはプロペシアに比べ、3ヶ月で3,000円の金額で済みます。
コストは断然フィンペシアの方がいいです。

ですが特許も切れてない状態でコピー品として出回っていたフィンペシア。
今でこそプロペシアのジェネリックは日本でも購入できるようになりました。

そしてフィナロイドとの違いは、フィナロイドはジェネリック商品になります。

フィナロイド

フィンペシアとは違い正規にジェネリック品として作られています。
本家の成分表をもとにしっかり作られたものなんです。

フィナロイドもフィンペシアもそうですが、錠剤を実際に見てプロペシアと大きさ違くね?って思った方いると思います。

ジェネリック薬品に関しては錠剤の大きさに変更があっても大丈夫なんです。
そういう決まりがあります。

日本で実際に販売されている、ジェネリックをみてもコストを抑えるほか飲み易くしたりジェネリックには様々な物があります。

ですがフィンペシアはコピー品、本来ならばプロペシアと同じ錠剤の大きさでないと不安ですが作り方がジェネリックなのです。

まだ特許の切れる前の話ですから、成分表はもちろん無く、プロペシアを調べ上げて作られたものです。

もちろん、フィンペシア自体に効果はありますし様々な方も使ってきています。
それは悪いことでもありませんし、しっかりコピーできているのも素晴らしいです。

しかしジェネリックが出回ってきてる今、フィンペシアを選ぶ理由がありません。より安全で安心できて、なおかつ安い品物の方がいいに決まっています。

そういった理由では、日本で発売されているジェネリックを買うのが一番賢明ですし、AGAクリニック等でも現在はジェネリックを希望する事はできます。

そういった理由でオオサカ堂を使う場合は、フィンペシアよりもフィナロイドをおすすめしています。

まとめ

  • フィナロイドはジェネリック製品
  • フィンペシアはコピー製品

効果は同じで値段もほぼ同じですが、フィンペシアは長年売れ続けてきた信頼に足る商品で、フィナロイドは特許が切れた後にできたジェネリック薬品です。

今回僕が勧めるのはフィナロイドの商品です。
現在は僕自身フィナロイドを使用しています。

またオオサカ堂ではフィナロイドと一緒にフォリックスを販売しています。

フォリックスは塗るタイプのミノキシジルです。
簡単にいうと、リアップのようなものです。

ミノキシジルが多く配合されていて、飲むタイプのミノタブと併用するのが良いです!内服薬のミノタブでは、ミノキシジルを吸収しやすい事からパーセントが高いと動機などの症状がでます

なので高ミノキシジルは外用薬で内服薬では5パーセントのものを使うのがお勧めです。

またフォリックスは使用後、髪の毛がバキバキになったりします。
これはリアップも同じでしたが。。。

ですので、夜寝る前にフォリックスで朝起きた時にミノタブをって感じにすると良いですよ!

以上がフィンペシアではなく、フィナロイドをお勧めする理由でした。

スポンサーリンク

-ライフスタイル, AGA
-, ,

Copyright© 幸福な人生とはなんだろう。 , 2020 All Rights Reserved.