【REDWING】憧れのベックマンを購入したので開封レビューしていく

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

レッドウィングのブーツで大定番の一つである「ベックマン」を購入しました。

現在では廃盤になってしまったブーツを筆者はずーっと欲しいなぁと思っていたので、思い切って購入したのでレビューしていきたいと思います。

また、ブーツと言えば履きこなしていく事でエイジングしていきます。ベックマンは今後も当サイトでエイジングの様子をレビューしていきますので、よかったら是非ご覧になって行って下さい!

ベックマン 一ヶ月エイジング

ベックマン 半年後のエイジング

目次

BECKMANとは

ベックマンはレッドウィングから発売されているブーツで創業者の「チャールズ・ベックマン」の名前を冠したブーツです。

ベックマンは現在1種類を除き生産終了し廃盤となっています。

現行で販売されているベックマンは以下のフラットボックスのみになっています。(2023年5月現在)

見た目はモダンなタイプでつま先部分が「プレーントゥ」なのが特徴です。

他にもモダンタイプだと現行品でアイアンレンジャーがとても人気です。

今後のレッドウィング ベックマンについては以下の記事で紹介しています。

関連記事【REDWING】ベックマンの生産終了?実はこんな真実が!?

ベックマンのスペック

ベックマンの型番は「90XX」か「94XX」です。

「90XX」の方が少し古く、違いはソール部分の材料のみです。

古い型番は加水分解が起きやすい素材でしたが、「94XX」からレッドウィングの自社でソールも作り始めて加水分解を起こさない素材に変更されています。

レザーには「フェザーストーン」が使われており、ベックマン専用のレザーになっています。

木型はこのブーツの定番である8番です。

開封レビュー

実際に開封レビューをしていきます。ずっと欲しかったブーツなのでワクワクしながら開封しました。

外箱

購入したのは「ベックマン 9011」です。

この型番は「ブラックチェリー」というカラーです。濃い赤いブーツでジーンズにすごく合うんですよね。

筆者は色々悩んでこのブラックチェリーに決めました。

サイズはピッタリよりほんの少し大きめです。

ベックマンはピッタリが履きやすいとよくありますが、筆者はブーツにはインソールを入れるために大きめにしました。

第一印象は「重っ!?!?」でした。

いい靴って実際重いんですよね。そっちの方が健康にもいいとかどっかで見たことあります。

ベックマン外観

ビジュアルがかっこよすぎます!!

エイジングするとこれよりも更にかっこよくなるのが信じられません。

また、靴紐が蝋引きになっていて最初は「何コレ!?」状態でした。

この靴紐が本当に解けないんですよね!!ですが、脱ぎ履きが大変という方も多いみたい。

そんな時はブーツはこの結び方がめちゃくちゃいいですよ!

関連記事Dr.Martens(ドクターマーチン )の紐が解けすぎる。解けづらい結び方を紹介!!

ベックマン全体

新品のベックマンめちゃくちゃかっこいいです。

ずっしりとした重みと、このフォルムがかっちょいい!ずっと見てられます。

因みに筆者はしばらく蝋引きの靴紐で頑張ります。

タグ

品番も箱と同じです。

中は通常のブーツ同様のヌバックです。これが滑らなくて履きづらい(笑)

ですが、そんなところも許せてしまうのがベックマンです。

実際に履いてみたいと思います。

実際に履いてみた

うん、めちゃくちゃかっこいい。

やっぱりブーツはいいですね!そしてベックマンはワークブーツ感が少ないところも全然いいです!

多分スーツ来て上の部分隠しちゃえば全然履けます。

筆者はこのベックマンを仕事でも使っていこうと考えているので、エイジングが進むのがすごく楽しみです。

ブーツのソール

ソールもまっさらです。少しだけ散歩しました!!

革がめちゃくちゃ硬いです。特にソール部分ですね。

次の章で初回のは着心地を詳しく紹介したいと思います!

歩いているシーン

歩いているシーンです。

ベックマンは紐を一番上まで結ぶんだと思いますが、ドクターマーチンの影響でこんな感じになっています。まぁこれも筆者ならではで気にしません。

履いてみた感想

ベックマンは耐久性とスタイルが同時優れているブーツだと感じました。

見た目もすごく好きで、履き着心地は自分に合わせてこれから進化していってくれるのがとても楽しみです。

今回は初めて履いてみての感想を以下に書き出してみました。

外観とデザイン

評価|

外見は本当にかっこいいの一言に尽きます。

デザインは洗練されていて、創業者の名前を冠しているだけのことはありますね。

堅牢な素材感と唯一無二の「フェザーストーン」も文句なしです。

快適さとフィット感

評価|

フィット感は大きめを購入したこともあり、少しぶかぶかです。

冒頭で説明した通りにインソールを入れようとしましたが、入れると結構窮屈です。

そのまま歩くと靴擦れを起こすかもと思い現在は入れていません。

ベックマンはインソールにコルクが入っていたり、革が伸びたりすることで自分の足に合っていきますので、しばらくそのまま履いていこうかなと思います。

着脱のしやすさ

評価|

おそらくベックマンを諦めてしまう方はここが多いんじゃないかな?

筆者も例外なくこれは着脱しづらいと思います。

ここはカスタマイズでなんとかしていくのがいいと思います。

一番は靴紐だと思いますので、同じレッドウィングの靴紐を探して見るのもいいと思います。

関連記事Dr.Martens(ドクターマーチン )の紐が解けすぎる。解けづらい結び方を紹介!!

まとめ

今回はベックマンの開封と初回のは着心地について紹介しました。

実際革がかなり硬くまだまだこれから育っていくブーツでした。

このベックマンは3ヶ月くらいのペースでエイジングを紹介していきたいと思います!

当ブログでは他の革製品もエイジングを定期的に載せているので是非のぞいてみて下さい。

筆者もエイジング記事が書けるのが楽しみです!

以上っ!!

Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次