音楽と関係のあるハイブランドやストリートブランドまとめ!個性的なファッションがLiveでも大活躍!!

この世にありふれている音楽の世界には、ロックやパンク、オーケストラなど様々なジャンルがあります。そして音楽とファッションにはとても密接な関係があります。

ロックやパンクの音楽にあこがれると同時に、それに関わりのあるファッションに憧れるのは自然で当たり前の事です。

長い歴史の中、どの国でもいつの時代でも音楽とファッションは共存してきました。

ファッションが生まれる時は、スポーツだったり戦時中だったりと様々な中で独特の生まれ方をしていますが、時代が変わっていくと同じ音楽で結びつく事が多いです。

今回は音楽によって結びついたファッションブランドについて紹介したいと思います。

目次

音楽とファッション

音楽とファッションには、昔からどの国でも根強い関係があります。

時代のミュージシャン達がファッションの牽引をしてきました。

ミュージシャンも自身のファッションブランドを持ったり、こぞって一つのブランドの服をライブで着たりする事によって多くの人が憧れるようなファッションブランドを形成してきました。

ライブでは人々は人気のミュージシャンの服装を真似るようになり、それが大きなブームとして巻き起こっていきます。

音楽でもファッションでも、自己表現という意味では変わりません。

それ故に自己表現の場は違えど根強く関係している部分がありました。

音楽と関係が深いハイブランド

Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

ロック系のファッションとしての最も有名なのはヴィヴィアンウエストウッドではないでしょうか?

ヴィヴィアンはパンクの女王と呼ばれています。

パンク・ロックバンドのセックスピストルズのプロデューサーとしても有名です。

ブランドのロゴは土星をイメージしたロゴで、見たことある方も多いと思います。また、アーマーリングがとても有名になりました。

ヴィヴィアン・ウエストウッドさんは2022年12月29日に南ロンドンのクラパムで家族に囲まれて安らかに眠りにつきました。

LAD MUSICIAN(ラッドミュージシャン)

ラッドミュージシャンのコンセプトは音楽と洋服の融合です。

デザイナーは日本人で、黒田雄一さんという方です。

楽器のメーカーやロックバンド等と多くコラボしています。

SMAPの稲垣吾郎さんと面識があり、よく着用されていました。

現在では、アレクサンドロスの川上洋平さんが着用している事で有名です。

PRETTY GREEN(プリティーグリーン)


プリティーグリーン V.ユニオンジャック LIN M65タイプジャケット(カーキ) (M, カーキ)

プリティーグリーンは、オアシスのリアム・ギャラガーによって創設されました。

ロンドンやマンチェスター等のイギリスのUKロックやモッズにゆかりがある都市を中心に、店舗をかまえています。

2009年にギャラガーが設立した「プリティー・グリーン」は、バンドの人気もあってオープン当時から大きな注目を集めましたが、テナントとして入っていたハウス・オブ・フレーザーが18年8月に破綻したことやコストの増大、ECへの移行が思うように進まなかったことから経営難に陥り、4月2日に破産申請を行っていました。

日本では現在、プリティーグリーン ジャパンが運営する新宿マルイ店など4店舗と、公式オンラインショップや「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で商品を販売しています。

日本1号店として12年にオープンした青山本店は18年10月に閉店したが、移転先は継続して探しているといいます。

音楽と関係が深いストリートブランド

MISHKA(ミシカ)

Hi-Standardの難波章浩さんが愛用していることでも有名なブランドのミシカ。

画像のような目玉のデザインが印象的で有名です。

洋服以外にも品揃えが豊富です。

RUDIE’S(ルーディーズ)

RUDIE’Sの創設は1991年でした。

当時からストリートの中心ブランドとなり、デザイン物が多いのが特徴です。

RUDIE’S主催の音楽イベント「RUDIE’S NIGHT」に、マキシマム・ザ・ホルモンが出演した事もあります。

またでんぱ組の最上もがとコラボしています。


(ルーディーズ) RUDIE’S×最上もが GALAXY WAIST BAG (BAG)(84653-GX) バッグ 鞄 ボディ ウェスト ポーチ 最上もが でんぱ組.inc sweep

THRASHER(スラッシャー)


THRASHER スラッシャー MAG LOGO マガジン ロゴ プルオーバー フードスウェット パーカー 白x黒 ホワイト (XL)

THRASHERは1981年創刊のスケートボード専門誌「THRASHER MAGAZINE」から生まれたファッションブランドです。

元々はスケーターから生まれたストリートブランドですが、ミュージシャンからも人気が高まり現在では多くの方に親しまれるブランドです。

値段もそこまで高額ではなく、バックやキャップなんかも凄く人気です!

Deviluse(デビルユース)

Deviluse国内ブランドで1999年創設しました

バンドのサポートをしており「SiMの人気と共にブランドの認知度も高まり、人気になりました。ライブ会場などで展開していました。

FRED PERRY(フレッドペリー)

ブランド設立のきっかけとなったのは、テニスプレイヤーフレデリック・ジョン・ペリーです。

史上初のグランドスラムを達成という偉業を成し遂げました。

引退後に自身の愛称であるフレッドペリーと名入れしたリストバンドを制作した事がきっかけとなりました。

1952年にフレッドペリースポーツウェア社が設立されました。

現在でもストリートの定番アイテムとして不動の人気を博しています。

Dr.Martens(ドクターマーチン)

Dr.Martensはドイツ人の軍医クラウス・マーチンが戦時中に開発し以降1960年代後半から1970年代中頃にかけてスキンヘッドやパンクロッカーなどのサブカルチャーに人気になりました。

まとめ

ファッション

いかがでしたか?ほとんどのブランドが有名かと思います。

スケーターのブランドやテニスプレーヤーのブランド、戦時中に開発されたブランドなど全く別々のシーンで生まれたアイテムが、音楽という場で一つに混ざり合い名を馳せています。

まさに歴史に彩られたブランド達です。

そんなブランドのアイテムを是非身につけてみてはいかがでしょうか?音楽が大好きな方々にはおすすめです!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次