【かゆい】ジーンズを洗わないで履いていた結果【洗濯】

2020年4月16日

ジーンズ

普段ジーンズをあまり洗濯しない人は多いと思います。

色落ちやひげのつき方にこだわっていて、自分のお気に入りを長く履いていこうと言う方は注意が必要かもしれません!

一部の人は気付いているであろう、ジーンズのかゆみ。タイトなジーンズやスキニータイプ、もちろんリーバイスの501でもそれは起こります。

履いて歩いている時に「なんかかゆい」今回はジーンズのかゆみについて話したいと思います。

かゆみが起こる原因

かゆみが起こる原因は3つほどあります。

  • 肌に擦れた時のアレルギー反応
  • ジーンズに増殖した雑菌
  • 肌が乾燥している時の擦れ

以上が主な原因です。一つずつみていきましょう!

肌に擦れた時のアレルギー反応

アレルギー反応とは何にでも起こり得る事です。

食べ物でも勿論ですが、猫や犬などのアレルギーや埃や花粉まであります。

もし他にもジーンズを持っていてそっちは大丈夫なのにと思っている方でも、ジーンズによって染料や素材が違います。

アレルギーは様々な要因で起こるので染料や素材が合っていないか、あるいは締め付けられている刺激によってアレルギーが出ているのかもしれません。

ジーンズに増殖した雑菌

デニムは頻繁に洗うものじゃない』と考えている方も多いと思います。

しかし洗っていない事によって、ジーンズがかゆみの原因を作っている場合もあります。

ジーンズに限った事ではありませんが、人間の皮膚表面からは皮脂や汗がでます。

これらは睡眠時でも関係なく分泌されています。

衣類を着用する事によって分泌された皮脂や汗が付着し、放置すれば雑菌が繁殖、増殖したりします。これによって皮膚の敏感で弱い方の場合、この増殖した雑菌によってかゆみが引き起こされます。

また何日も洗っていない場合は雑菌によって臭いが気になったり、黄色く変色する事もあります。

肌が乾燥する時の擦れ

かゆみは乾燥している肌が擦れる事によってもあらわれます。

肌が乾燥した状態だと、外からの刺激を抑える本来の機能が損なわれいわゆる「敏感肌」の状態になります。敏感肌の状態で長く放置すると、かゆみから痛みに変わる事もあります。

どんな服を着てもそうですが、デニム生地は堅く肌を傷つけやすいので特に注意が必要です。

対策

ジーンズはこまめに洗濯する必要は無いとリーバイスでも言われていますが、何日か履いたらやはり洗濯はするべきです。肌が弱いと言う方は勿論ですが、黄ばみや臭いの対策としても洗濯はするべきです。

乾燥が原因の方は、保湿するかアンダーウェアを着るのがいいでしょう!保湿クリームでしっかりケアしつつ、アンダーウェアを着るのがベストです!

アレルギーの場合はジーンズの種類を変えるのがベストです!おきにいりのジーンズでこの「デニムやスキニーが好きだから」という思いがあり、我慢して履いている方もいるかもしれませんが、ジーンズは様々な種類があり、いろんな可能性があるので、身体に無理をさせるよりも、最適なジーンズを探した方が無難です。

注意ポイント

・アレルギーの疑いのある場合は別のものを考える

・乾燥肌の場合は保湿しつつアンダーウェアで対策

・雑菌の場合は迷わず洗濯する

まとめ

ジーンズ

僕自身ジーンズを育てるという意味で一週間くらい洗濯しないで履いていました。

肌が弱い僕はめちゃくちゃかゆくなりましたよ!同じように悩んでいる方も、もしかしたらいるかもしれません。またかゆくなって、かいてしまって傷になり、菌が入ったのか中々治りません。

同じような症状になる前に対策してください!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ファッション
-,

© 2020 日曜日のOneRoom