【ポケットモンスター】金・銀の水彩画で描かれたポケモンをジョウトずかんで見ていく!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

初代ポケットモンスターは151匹のポケモンが登場しました。

最初のポケモンはデジタル技術がまだまだ発達していない時期のもので、水彩画で描かれておりグッズなどを始め多くの商品にこの画像が使われていました。

初期のポケモンは151匹分「【ポケットモンスター】懐かしい水彩画の初期絵を151匹ポケモン図鑑順にみていく!」で紹介しています。

今回はその続編である『ポケットモンスター金・銀』で登場したポケモンの水彩画を紹介したいと思います。

二世代目である今作で追加されたポケモンは100匹です。

原作を遊んでいた方はより懐かしく思えると思いますので、ぜひ最後までどうぞ!

目次

ジョウト地方の図鑑について

ポケモンの二作目である金銀では前作の続きにあたり、新たなジョウト地方を旅することになります。

ジョウト地方を攻略した後に前作である「ポケットモンスター赤・緑」の舞台だったカントー地方も旅することができるようになります。

この頃から全国ずかんという要素が追加されました。

今回はジョウト地方のみの図鑑紹介になりますので、初代ポケモンの図鑑を見たい方は前回の記事を参照して下さい。

また、二作目で追加されたポケモンは100匹丁度になっています。

ナンバーはカントー図鑑の続きから記載しているので、前回の記事は「【ポケットモンスター】懐かしい水彩画の初期絵を151匹ポケモン図鑑順にみていく!」からどうぞ!

ポケモずかん No152~No172

No.152 チコリータ

説明

あたまのハッパから ほのかに あまい かおりが ただよう。 おとなしくて ひざしを あびるのが だいすき。

No.153 ベイリーフ

説明

くびの まわりから だされる スパイシーな かおりを かいでいると なぜだか たたかいたくなる。

No.154 メガニウム

説明

はなびら から はっさんされる においには あらそう きもちを しずめる せいぶんが ふくまれる。

No.155 ヒノアラシ

説明

おくびょうで いつも からだを まるめている。おそわれると せなかの ほのおを もえあがらせ みをまもる。

No.156 マグマラシ

説明

せんとうちゅう せなかを むけたら ようちゅうい。せなかの ほのおで こうげき してくる まえぶれだ。

No.157 バクフーン

説明

いかりが さいこうちょうのとき さわったもの すべて いっしゅんで もえあがらせるほどに あつい。

No.158 ワニノコ

説明

はったつした あごは パワフルで なんでも かみくだいて しまうので おやのトレーナーでも ようちゅうい。

No.159 アリゲイツ

説明

はったつした あごは パワフルで なんでも かみくだいて しまうので おやのトレーナーでも ようちゅうい。

No.160 オーダイル

説明

キバは ぬけても つぎから つぎに はえてくる。いつも くちのなかには 48ぽんの キバが そろっている。

No.161 オタチ

説明

シッポを たてて すこしでも とおくの ようすを しらべている けいかいしんが つよい ポケモン。

No.162 オオタチ

説明

ほそながい からだの かたちに あわせた すを つくり ほかの ポケモンは はいれなくしている。

No.163 ホーホー

説明

いつも いっぽんあしで たっている。あしを いれかえる しゅんかんは すばやくて なかなか みられない。

No.164 ヨルノズク

説明

りょうめは とくしゅな つくり。わずかな ひかりを あつめては くらやみでも まわりを みわける。

No.165 レイディバ

説明

むれを つくらないと ふあんで うごけなくなるほど おくびょうだが なかまがいると かっぱつに うごく。

No.166 レディアン

説明

よぞらに ほしが またたくとき かがやく こなを ふりまきながら ひらひらと とんでいく。

No.167 イトマル

説明

えものが ちかくを とおりかかるまで じぶんの すで なんにちも おなじ かっこうで じっと まちつづける。

No.168 アリアドス

説明

おしりからだけでなく くちからも いとを だすので みただけでは どっちが あたまか わからない。

No.169 クロバット

説明

4まいに ふえた つばさで くらやみを しずかに とんでいく。 となりを とおられても きづかない。

No.170 チョンチー

説明

2つの しょくしゅの さきから プラスと マイナスの でんきを ながして あいてを しびれさせる。

No.171 ランターン

説明

ランターンのだす ひかりは 5000メートルの ふかさ からでも すいめんまで とどくほど あかるい。

No.172 ピチュー

説明

まだまだ でんきを ためるのがへた。 おどろいたり わらったりすると すぐに ほうでん してしまう。

ポケモずかん No173~No193

No.173 ピィ

説明

おほしさまのような シルエット。 そのすがたから ながれぼしにのって やってくると しんじられている。

No.174 ププリン

説明

とても やわらかい からだ。 いちど ころがると はずみまくって ぜんぜん とまれなくなる。

No.175 トゲピー

説明

カラのなかに しあわせが たくさん つまっているらしく やさしくされると こううんを わけあたえる という。

No.176 トゲチック

説明

こころやさしい ひとの まえに しあわせを もたらすため すがたを あらわすと いわれている。

No.177 ネイティ

説明

はねが そだちきって おらず とびはねるようにして いどうする。いつも なにかを みつめている。

No.178 ネイティオ

説明

ほとんど うごかず なきもせず じっとするのは かこと みらいを みているからだと しんじられている。

No.179 メリープ

説明

からだに せいでんきが たまると たいもうが いつもの 2ばいほどに ふくらむ。 さわると しびれる。

No.180 モココ

説明

でんきを たくわえすぎた けっか からだの ひょうめんに うぶげすら はえない ぶぶんが できてしまった。

No.181 デンリュウ

説明

シッポのさきが ひかりかがやく。 ひかりは はるか とおくまで とどき まよったものの みちしるべとなる。

No.182 キレイハナ

説明

ときおり キレイハナが あつまって おどるような しぐさを みせる。 たいようをよぶ ぎしき といわれる。

No.183 マリル

説明

しっぽの さきには みずよりも かるい あぶらが つまっているから おぼれることなく かわをすすめる。

No.184 マリルリ

説明

じっと みみを すますと はげしい ながれの かわの なかに なにが いるのか ききわけられる。

No.185 ウソッキー

説明

いつも きのふりを している。からだの つくりは しょくぶつより いしや いわなどに ちかいようだ。

No.186 ニョロトノ

説明

なきごえが ひびきわたると あちこちから ニョロモや ニョロゾたちが あつまってくる。

No.187 ハネッコ

説明

ハネッコどうし あつまって かぜに ふきとばされないように している。 でも そよかぜに ふかれるのはすき。

No.188 ポポッコ

説明

あたまのうえに さいた ハナは きおんに よって ひらいたり とじたりする せいしつを もつ。

No.189 ワタッコ

説明

いちど かぜに のってしまうと わたほうしを たくみに あやつって せかいいっしゅう だってしてしまう。

No.190 エイパム

説明

ちからづよい シッポだけで きの えだに ぶらさがって からだを ささえることが できる。

No.191 ヒマナッツ

説明

あるあさ とつぜん ふってくる。オニスズメに おそわれると はっぱを はげしく ふって おいはらう。

No.192 キマワリ

説明

ひざしを エネルギーに かえる。たいようが しずみ くらくなると はなびらを とじて たたずんでいる。

No.193 ヤンヤンマ

説明

こうそくで ハネを はばたかせると しょうげきは が はっせいして まわりの まどガラスが われていく。

ポケモずかん No194~No214

No.194 ウパー

説明

つめたい みずのなかで せいかつ。あたりが すずしくなると エサを さがしに ちじょうにも あらわれる。

No.195 ヌオー

説明

のんびりとした せいかくで きままに およいでは いつも ふなぞこに あたまを ぶつけている。

No.196 エーフィ

説明

ぜんしんの こまかな たいもうで くうきの ながれを かんじとり あいての こうどうを よそくする。

No.197 ブラッキー

説明

こうふんすると からだじゅうの けあなから どくその まじった あせを ふきとばし みをまもる。

No.198 ヤミカラス

説明

よる すがたを みかけると ふきつなことが おきると しんじられ いみきらわれている ポケモン。

No.199 ウソッキー

説明

すごい ちせいと ひらめきを もっている。どんなときでも あわてず さわがず のんびりとしている。

No.200 ムウマ

説明

よなかに ひとの なきさけぶような なきごえを だして みんなを おどろかせる いたずらずき。

No.201 アンノーン

説明

すがたかたちが むかしの せきばんに しるされた もじに にており かんけいあるのではと ウワサされる。

No.202 ソーナンス

説明

ひかりや ショックを きらう。こうげきされると からだが ふくらみ はんげきが きょうりょくに なる

No.203 キリンリキ

説明

シッポにも ちいさな のうがある。ちかよると においに はんのうして かみついて くるので ちゅうい。

No.204 クヌギダマ

説明

きの かわを かさねあわせて カラを ぶあつくするのが だいすき。おもくなっても きにしない。

No.205 フォレトス

説明

こうてつのように かたい カラで ぜんしんを おおっている。なかの しょうたいは ふめい。

No.206 ノコッチ

説明

だれかに みられると シッポで じめんを ほって うしろむきに にげだすのだ。

No.207 グライガー

説明

がんめん めがけて とんでくる。はりつかれた えものが おどろく あいだに どくバリを さしこむ。

No.208 ハガネール

説明

ふかい じめんの したで あっしゅく された からだは ダイヤモンドよりも かたいのだ。

No.209 ブルー

説明

こわい かおつきだが こころねは とても やさしく じょせいにも だいにんきの ポケモン。

No.210 グランブル

説明

ほんとうは おくびょうで こわがり。 おそわれると ひっしに てあしを ふって てきを おいはらおうとする。

No.211 ハリーセン

説明

ぜんしんの どくばりを とばすため 10リットルの みずを いっきに のみこみ からだを ふくらませる。

No.212 ハッサム

説明

めだまもようの ついた はさみを ふりあげて あいてを いかくすると あたまが 3つ あるように みえる。

No.213 ツボツボ

説明

つぼのような こうらの なかに たくわえられた きのみは とけて ドロドロの えきたいに なるという。

No.214 ヘラクロス

説明

じまんのツノを あいての おなかの したに ねじこみ いっきに もちあげ ぶんなげてしまう ちからもち。

ポケモずかん No215~No235

No.215 ニューラ

説明

するどいツメを ゆびの なかに かくしている。 いきなり のばして おそってきた あいてを ひるませる。

No.216 ヒメグマ

説明

ミツをみつけると みかづきもようが かがやく。 あまいミツが しみこんだ てのひらを いつも なめている。

No.217 リングマ

説明

きのぼりも とくいだが まえあしで ふといみきを へしおって おちてきた きのみを たべる。

No.218 マグマッグ

説明

じっとしていると ようがんで できた からだが ひえて かたまるから ねむることなく うごきまわっている。

No.219 マグカルゴ

説明

せなかのカラは ひふが ひえて かたまっただけ。 なにかが ふれただけで かんたんに くずれる。

No.220 ウリムー

説明

エサを さがすため はなを こすりあわせ じめんを ほっている。たまに おんせんを ほりあてる。

No.221 イノムー

説明

ながい たいもうに おおわれて めのまえの ようすが わからず ひたすらに とっしんを くりかえす。

No.223 サニーゴ

説明

どんどん そだっては はえかわる あたまの さきは きれいなので たからもの として にんきがたかい。

No.224 テッポウオ

説明

ねらいは せいかく。ふきだす みずは 100メートルさきで うごく えものに かならず めいちゅうする。

No.225 オクタン

説明

がんじょうな いしあたま。きゅうばんつきの あしを からませ ひたすら あたまで うちすえる。

No.226 マンタイン

説明

ゆうぜんと うみを およぐ。 たべのこしを ねらった テッポウオが くっついていても きにしていない。

No.227 エアームド

説明

じょうぶな ハネは おもそうだが ホネのなかは くうどうで かるく じゆうに おおぞらを とびまわる。

No.228 デルビル

説明

なかまに れんらく するときと えものを おいつめるときでは なきごえの しゅるいが ちがうのだ。

No.229 ヘルガー

説明

くちから ふきだす ほのおで やけどすると いつまでたっても キズぐちが うずいてしまう。

No.230 キングドラ

説明

ふだんは かいていどうくつに みを ひそめているらしい。あくびで うずしおを はっせいさせる。

No.231 ゴマゾー

説明

じゃれている つもりで はなを ふりまわしてくるが かなりの ちからなので あぶない。

No.232 ドンファン

説明

するどく かたい キバと さらに がんじょうな ひふでの たいあたりは いえをも こわすほど。

No.233 ポリゴン2

説明

わくせい かいはつが できるよう ポリゴンを バージョンアップしたが まだ そらも とべない。

No.234 オドシシ

説明

ツノの まがりぐあいが まわりの くうきの ながれを びみょうにかえ ふしぎな くうかんを つくりだす。

No.235 ドーブル

説明

シッポの さきから ぶんぴつする えきたいを あちこちに ぬりつけて じぶんの なわばりを アピールする。

ポケモずかん No236~No251

No.236 バルキー

説明

いつでも げんきいっぱい。つよくなるため まけても まけても あいてに たちむかっていく。

No.237 カポエラー

説明

おどるように かれいで なめらかな キックわざに みとれていると きつい いちげきを おみまいされる。

No.238 ムチュール

説明

くちびるが いちばん びんかん。なんでも まず くちびるで ふれて どんなものか かくにんする。

No.239 エレキッド

説明

うでを ぐるぐるまわして でんきを はっせいさせるが すぐ つかれるので すこししか でんきが ためられない。

No.240 ブビィ

説明

いきを すったり はいたり するたびに くちと はなから ひのこが もれてしまう。

No.241 ミルタンク

説明

ミルクは えいようまんてん。 おとしよりや びょうきの ひとに とって さいこうの のみもの。

No.242 ハピナス

説明

ハピナスが うんだ タマゴを ひとくちでも たべた ひとは だれにでも やさしく なれる。

No.243 ライコウ

説明

あまぐもを せおっているので どんなときでも かみなりを だせる。かみなりとともに おちてきたという。

No.244 エンテイ

説明

ほえると かざんが ふんかする。みなぎる ちからを おさえきれず みちという みちを かけめぐる。

No.245 スイクン

説明

いっしゅんで きたなく にごった みずも きよめる ちからをもつ。 きたかぜの うまれかわり という。

No.246 ヨーギラス

説明

つちを たべて いきている。おおきな やまひとつ たべおわると せいちょうのため ねむりはじめる。

No.247 サナギラス

説明

がんばんのような かたい カラに おおわれているが ちからは つよく あばれると やまも くずれてしまう。

No.248 バンギラス

説明

どんな こうげきにも びくともしない からだを もっているため どんどん しょうぶを しかけてくる。

No.249 ルギア

説明

つよすぎる のうりょくを もつため ふかい うみのそこで しずかに ときを すごすと つたえられる。

No.250 ホウオウ

説明

なないろの みごとな つばさで せかいの そらを とびつづけると しんわに つたえられる ポケモン。

No.251 セレビィ

説明

じかんをこえて あちこち さまよう。 セレビィが すがたを あらわした もりは くさきが おいしげるという。

まとめ

続編のポケットモンスターでは、前作の進化前や進化後が登場したりと補足的なことが多い反面、内容はかなり多くポケットモンスター完全版といった感じでした!

懐かしいCMやオープニングも必見です。

ちなみに筆者はポケットモンスター銀をやっていました!皆さんはどっちを購入しましたか?

以上っ!!!

Amazonチャージ
Amazonチャージ

Amazonで買い物するならAmazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに『最大2.5%Amazonポイントが貯まる』のでAmazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

アキ

チャージ毎にポイント還元!!

\ Amazonでお得にお買い物 /

この記事をシェアする

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次