記事やブログのパクリ問題について考えてみたけど!!

最近Twitterで目にするパクリ問題

というか

このブログ界隈では多分昔からあった事だとは思う

 

記事の内容をパクられた!

とか

サイト全体の構成をパクられた!!

とか!

 

まぁ正直僕が自分の立場だと確かに嫌だなとは思うよ

 

特にこういった雑記記事とかじゃなくて

しっかりとした需要のある記事ってやつを作って

公開してパクられたんなら確かにわかる

 

でも実際おんなじような記事ってたくさんあるわけじゃん!!

 

僕もブログを書いてて

検索順位んとか気にしたりするけどさ

おんなじような事書いてる人って多いし

 

ただ単に言い回しが違うだけ!

っていうのも多いよね

だから本当に難しい問題だと思う

 

だって今から

Amazonの記事を書くとして

プライムビデオについて書いても

プライムミュージックについて書いても

どんなサービスについて書いても

必ずかぶるよね?

文章の構成とか似てたら

全てパクリになるわけなのか?

 

そりゃ全く同じ画像使ってたり

段落の構成が同じで

全く同じ言葉を使ってたら

明らかにコピペやん!

ってやつは

『それはだめだぜぇ!!!』

 

ってなるけど

基本そんなのないよね

だからって

先に書いたもん勝ちって言う風にもなってないし

過去の誰かのネタ

これをやるのってたまにありだと思うんですよね

僕的に!

というかやりたい←

 

もちろん過去っていうのも結構あいまいですが

 

昨日ならいいの?とか1時間前とか

言ってくるやついそうですし

 

でも明らかにオリジナリティがあったら著作権問題になるのかな?

 

でも話のネタなんですけどね!

こんな感じのテーマで!!とか

 

それでも怒られそうな感じはあるけども。

 

結局パクリってどこまで許されるのか

 

というかパクリの定義はかなり難しいですよね

 

そんなに神経質になっていたらブログなんか書けないし

今まで色々書いてきてるブロガーはこんな感じになります

 

結局パクリっていうのは曖昧なんですよね

著作権も難しい

パクリとなって実際に問題になってくるのは

著作権の問題です

 

写真家の人が勝手に丸々自分の撮った写真を使われて

引用すら表記せずに

自分で撮ったかのようにブログやサイトに使っている

っていうのは誰でもわかる問題ですよね

 

でも実際に自分で撮りに行って

本当に似たような感じでとれてしまって

山の位置やら古屋の位置が全く同じだけど

本当に撮ってる人っていると思うんですよ

 

イラストで言うと

有名な漫画家さんやイラストレーターさん

の画像を実際に表記も何もなく

使ってさらには

金儲けとかしようとしてたらダメっていうのはわかるじゃないですか??

でも自分で書いていたら?

漫画家やイラストレーターの〜さんに憧れてる!!

おんなじテイストで描きたい!!

って自分で書いたイラストも著作権になるんですか?

 

たしかに全く同じような絵で

全く同じような風に完全に模写していたら

あるいはコピーしていたら

そうなるかもしれません

 

でも

キャラクター自体違って

書いてる人が全く違う

でも同じようなタッチで!!

って人いると思うんですよね

 

それも著作権違反なんですか?

かなりあいまいで難しいですよね

 

アキ
確か著作権て申告制だっけ?

どっかでみた事があります

その時点で結構人のさじ加減ですよね

まとめ

とにかく難しい!

でもブロガーにとっては結構重要なことなんですよね!

 

まぁ今更ですが今回は

某サーバー会社さんとブロガーさんのやりとり

Twitter上で少し大きなことになってしまったんで

少し考えてみた回でした。

関連
Twitter
Twitterでフォローしたり外したり繰り返してる人について思う事

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-雑記
-, ,

© 2020 日曜日のOneRoom