『LazyLoad SEO』でYouTubeが再生できなくなる【埋め込み】

2020年5月13日

記事を書く時に動画があると分かりやすいですよね!!

 

僕は以前にこんな記事を書きました

関連
Google
Google砲の検索順位変動とPVの変化について!

続きを見る

この中で『LazyLoad SEO』というプラグインを入れました。

表示速度の高速化を可能にするこのプラグインですが

実は大きな罠があります

今回はLazyLoadを入れる際の注意点となる所

を話していきたいと思います。

LazyLoad SEO

LazyLoad SEOはアフィンガー5専用のプラグインです

 

一般的にはLazy Loadで検索すると

誰でも使えるプラグインが出てきます

 

このプラグインでできる事は

  • 画像の遅延ロード
  • サイト全体の表示速度アップ
  • スクロール時に画像を読み込む

といった基本的に

サイトの表示速度を上げるという事です

 

画像や動画は表示するのに時間がかかります

そういった表示するのに重たいものを

後に表示して

それ以外のものを先に表示させることができます。

 

ですがデメリットもあって

Googleのクロールロボットには

表示が遅い為に画像がない

と判断されるようになります

 

そうなるとSEOで表示速度をあげて有利になる為に入れているのに

コンテンツ自体を少なくみられるようになってしまいます

このデメリットはタグの配置によって緩和されています

 

アフィンガー5専用のLazyLoad SEOでは

画像の他に動画にもこのようなタグを自動で設定することができます

設定で切り替える事はできます

 

この際に動画にタグが挿入される事によって不具合が生じます

YouTubeの埋め込みで再生できない

埋め込み画面での再生ができなくなります(一部)

YouTubeやTwitterの埋め込み方はこちら

関連
【簡単】Word PressにTwitterのツイートとYouTubeの動画を埋め込む方法【初心者】

続きを見る

再生ボタンをクリックしようとすると

このような画面が表示されてしまいます

YouTube 動画を再生できません

埋め込み動画が再生できない理由は様々ですが

このように不具合を発生して再生できないこともあります

他の方法としては

  • キャッシュ、cookieを削除する
  • PCやスマホなどの機種の再起動
  • SafariやChromeなど別の方法で表示して再生してみる

などがあります

 

注意ポイント

2020年5月10日のアップデートで埋め込みコンテンツの不具合を修正したみたいですが、テーマとプラグイン共にアップデートして試しましたが解消していませんでした。

対策として

対策としては先ほどの

    • 全体設定の中で画像のみ有効にして動画を遅延読み込みさせない方法

    • LazyLoad SEOには個別のページで設定を変えられるので、ここのチェックを外して対策する

  • 遅延読み込みを除外するコードを個別に貼れるのでそれを利用する

以上の対策が必要です

 

今後のアップデートで改善される可能性はあるとは思います

YouTubeが再生されない方は

確認してみましょう!!

ここまで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-WordPress
-, ,

© 2020 幸福な人生とはなんだろう。